bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

『半市場経済』内山節 角川新書 を読んで考えた その2

 

『半市場経済』内山節 角川新書 を読んで考えた 

 http://bluesoyaji.hatenablog.com/entry/2017/02/02/191149

続きです。

 

引用

課題はどんな社会をつくりたいのか、どんな社会のなかで生きていきたいのか、どんな結び合いのなかで、どんな働き方がしたいのかである。
別の表現をとるなら、どんな価値を創造しながら生きていきたいのかだといってもよい。そしてそれを追求していくと、必然的に、市場経済の原理だけで形成されない、あるいは市場経済の原理を超えた経済活動にたどり着く。市場を活用してはいるが、目的は市場経済の原理とは別のところにある営みである。本書ではそれを「半市場経済」と位置づけているが、それは人間たちの本来の経済活動でもあった。

  
本書のタイトルに関して述べられた部分である。「半市場経済」とは、「人間たちの本来の経済活動でもあった」という点に注目したい。

「半」という語からの連想で、片足を現在の市場経済に置きながら、何か新しいことに取り組むというイメージを抱いてしまうが、そうでない。むしろ、「本来の経済活動」と述べられているように、本質的なものである。

もう一つ、ここでは「価値を創造しながら生きていきたいのか」という表現に、注意したい。

私たちは生きていくうえで、何らかの価値を創造するという視点を忘れてはいないだろうか。単に働いて金を儲けて消費して、生きている。そこに価値の創造はあるのかと自問してみる。生きてるだけで丸もうけという考えもあるが、それはさておき、内山先生のこの言葉に、自分が生み出す価値ということを改めて考えさせられた。

さらに続ける予定。