bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

石ふしぎ大発見展2017 第23回大阪ショー 「宮沢賢治の鉱物・元素の世界」桜井弘先生の講演会がおもしろかった

 

石ふしぎ大発見展2017・大阪ショーに行ってきました。

毎年、初日の午前中に行っていますが、今回は午後3時からの講演会が聞きたくて昼から出かけました。

会場に2時半ごろに着くと、パンフレットは品切れ。会場図なしで一巡し、講演会場に行きました。

 

10分前でもほぼ満席。空席を見つけることができ、安心。開始時には立ち見の人が出ていました。

f:id:bluesoyaji:20170501212321j:image


講師の桜井弘先生は、語り口調が滑らかで聞きやすく、話の内容もおもしろくて、1時間の講演があっという間に終わりました。

 

宮沢賢治は、理系人間であったことがよくわかりました。

桜井先生にはぜひ、宮沢賢治の本を出していただきたいです。

 

講演後、九州大学の展示コーナーを見学。りっぱな鉱物標本に目を奪われます。

徳島県の眉山産の巨大ルチルがあり、感動しました。今では絶産です。

 

益富の販売コーナーで、徳島県産の鉱物標本をいくつか購入しました。

水井鉱山のハウスマン鉱、星越鉱山のブラウン鉱、眉山のブラウン鉱

地味なマンガン鉱ばかりなので、写真は省略します。

 

水井鉱山、星越鉱山は、鉱物採集に行ったことがありますが、今回購入した標本のようなものは、見つけることができませんでした。

地元徳島県の人も知らないような場所なので、これらの鉱山があったことは忘れられてしまうでしょう。

標本だけでも残そうと思い、徳島産の標本を見つけると購入しています。

 

今回の目的は国産の化石の購入でしたが、販売している店が少なく、手ごろな値段の物もなかったので、断念しました。

 

あるお店で、年配の店番の方から、国産化石についての貴重なお話を聞かせていただいたのが、よかったです。

 

毎年、人出が多く、盛大な大阪ショー。今年も参加できてよかったと思い、帰りました。