bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

一太郎で漢文に返り点と送り仮名をつける方法

 

一太郎2016で、漢文に返り点と送り仮名をつける方法を調べてみました。

 

書式 文字割付 上下付き文字 を選ぶと次のような入力画面になります。

f:id:bluesoyaji:20171015164647p:plain

「上付き」に送り仮名をカタカナで入力します。

同様に「下付き」に返り点「二」「レ」などを入力します。

その下にある「サイズ」で適切な値を設定します。私は45%にしてみました。

f:id:bluesoyaji:20171015165705p:plain

f:id:bluesoyaji:20171015165748p:plain

画像が見づらくてすみません。「横」の右下に「タハリ」、左下に「二」がつきました。

「横」の字の下にカーソルを合わせ、書式 文字割付 上下付き文字の順です。

コツは、一カ所設定したあとは、Ctrl+Rで繰り返すことです。いちいちメニューから選んでいると時間がかかります。

漢文のフォントを大きくすること、文字の間にスペースを入れることをすれば、読みやすくなります。

今回手間取ったのは、一太郎2016を「オリジナル」で使っていたため、「ツールボックスの割付」で「ルビ」アイコンをメニューバーに追加できなくて、時間がかかったことです。

ネットでやり方を検索したのですが、よくわからなかったので、一太郎を「クラシック」表示にすると、「ツールボックスの割付」が以前のバージョンと同じで使えました。

 

私は一太郎派なので、WORDでのやり方はわかりません。

 

別の方法で、「ふりがな」を使ってやる方法もあります。今まで私は「ふりがな」でやっていましたが、「上下付き文字」がしっくりきたので変えました。

 

漢文をテキストファイルにしたい方、漢文のテスト問題を作成したい先生方は、お試ししてみてはいかがでしょうか。