bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

高校生のみなさん、時給3000円のアルバイトをしませんか?新聞に投書してみよう。

 

高校生のみなさん、時給3000円のアルバイトをしませんか?


といっても必ず採用されるわけではありません。

面接が厳しい?いや、面接はありません。誰でも応募できます。

では、何が求められるか?その答えは文章力です。
新聞に投書をして、採用されれば掲載されて謝礼がもらえます。その額が3000円なのです。(読売新聞の場合)


実は、私が授業で作文の指導を行う際に、新聞への投書を行っています。
授業のはじめで、作文を書きましょうと呼びかけても、みんな嫌そうな顔をします。

だるい、しんどい、めんどうくさいという心の声が聞こえてきます。

ところが、日常生活で見たり聞いたり、感じたりしたこと何でもいいから書いてみよう、ニュースの感想でもいいよ、文化祭、体育祭のネタでもいいというと、ちょっとやる気を出す生徒が出てきます。

そこでさらに告げます。「採用されて掲載されたら3000円の謝礼が出ます。」

とたんに生徒の表情が変わり、「ほんまー?先生。私やるわー」といってその後は無言で原稿用紙に向かいます。

これがほとんど全員の反応。

たたみかけて、「君ら、時給3000円のバイトしたことないやろ。しかもこの授業50分のうちで終わりやで。こんなおいしいバイトあるか?」

生徒の目の色が変わります。

 

下書きを私が添削して清書をさせ、全員提出。まとめて学校から応募します。

2週間ほどすると、新聞社の担当記者さんから電話があり、「○○さんの記事を何日に掲載しますので、確認を取ってください」と言われます。


読売新聞の場合は、「気流」というコーナーです。U-25といって若い世代を集めた日に掲載されることが多いです。


掲載された記事は、コピーして参加生徒全員に配布し読ませています。

みんな真剣に読んでくれます。採用された生徒はもちろん、すごくいい笑顔を見せてくれます。


「次は卒業か、進路決定の話題でねらおうか?」そう告げると、生徒も、もう嫌そうな顔をしません。

 

さて3000円で、参考書を買うもよし、受験費用の足しにするもよし、スタディサプリに入会して勉強するもよし。

もちろん自由に使ってください。自分の「頭で」稼いだお金だから。