bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

Pivot 3drive・αオートクルーズを実際に高速道路で使ってみました

 

オートクルーズを試してみました。

以前にオートクルーズ導入の記事を書いています。

参考にしてください。

 

www.bluesoyaji.com

 

今回、連休中に高速道路を使う機会があり、オートクルーズを試してみました。

以下の手順です。

メーターが時速80km/h(設定可能速度は30~140km/h)を指したとき、スイッチを入れる。
アクセルから足を離す。
80km/hのスピードが維持される。
アクセルをふたたび踏み込むと加速する。
ブレーキを踏むとオートクルーズが解除され、スピードが下がっていく。

 

こういった動きをしました。
アクセルから足を離しても車速が維持されるのは、少し違和感がありました。勝手に車が進んでいく感じです。まあ慣れると思いますが。

スイッチを入れると「ACC」と表示されます

 f:id:bluesoyaji:20171105151752j:image

 ブレーキを踏むとオートクルーズが解除され、スロットルコントロールに戻ります

f:id:bluesoyaji:20171105151810j:image

右足を自由にできるのは、疲労感の軽減になると思います。
長距離、長時間になるほど、違いがあるのではないでしょうか。
今回は、100kmほどを高速道路の走行、40kmほどを地の道の走行の割合でした。

 

そのうちオートクルーズを使ったのは高速では3分の1くらいです。
地の道は曲がりくねった山道が中心だったので、ほとんど使いませんでした。

設定をしてもすぐにブレーキを踏み、解除されてしまうからです。

 

まだ操作に慣れていないので、あくまで初めて使ってみての印象です。

足をペダルから離せるのはとても楽です


私はずっと右足でアクセル、左足でブレーキと使い分けています。
長距離を走ると、足がつりそうになることがあります。
実際に運転中に足がつって困ったこともありました。


足を自由に動かせる、休ませる時間がとれるのはよいと思います。

車速が一定だと燃費にもよい結果になるかもしれません。今回は燃費の差は計測していません。

オートクルーズを使いこなせると、もっとメリットを感じるのでしょう。

 

自動運転が実用化されると、これ以上に運転自体がもっと楽になるのかもしれません。

それも悪くないなと思いますが、車を操るという緊張感はなくさない方がよいように感じました。