bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

断捨離をやってみて

 

断捨離をやってみて

古着を集めていた時期があって、買ったのに着ていない古着が部屋にあふれていました。

さすがに家族からのクレームもあり、断捨離をしました。

 

大きめの段ボールを買い取り業者から送ってもらい、合計7回、発送しました。

f:id:bluesoyaji:20180729152654j:image

デニムジャケットやパンツだけでも数十着。サイズが大きめなので、保管場所をとります。

売値は、たいしたことはないのですが、物がなくなり、部屋が少しずつでもすっきりしていくのが気持ちいいです。

 

古着は趣味で集めていたけれど、買っても着ていないというのは、自分のどこかに問題があったように思います。

 

たとえば、買うことで何らかのストレスを発散していたり、所有欲を満たしていたり、人の目を気にしていたり。

物との関係を意識せずに買っていたように思います。

 

本当に必要な物か、好きな物なのか、着こなせる物なのか。

考えてみると、断捨離したほとんどの物が、「NO」だったのです。

 

また、物が増えれば増えるほど、保管や手入れが行き届かずに、どこに何があるのか分からない、着ようと思ったらカビが、虫食いが、サイズが合ってないなど、悲惨なことがつづきました。

 

断捨離をしてみて、気持ちがすっきりしていくのが一番大きな効果だと感じます。

 

まだ手放せない物はありますが、断捨離を続けていきたいと思います。