bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

東京医科大学 不正入試について考えた その2

 

東京医科大学のホームページに掲載されている入試結果です。

f:id:bluesoyaji:20180830184726j:image

一般入学の、一般入試の項目で、第1次試験合格者が第2次試験にどれだけ合格したのか、その比率を計算してみました。

 

男子 303→141 合格者46.5%

 

女子 148→30  合格者20.3%

 

女子が極端に絞られているのがわかります。

ちなみに、1次は学力試験(理科、英語、数学)、2次は小論文、面接、適性検査。

 

 

次に、現浪別統計表です。

f:id:bluesoyaji:20180830184737j:image

 

受験者数と入学者数を比べて見ると、「誰でもわかるやん」と思わせる結果に唖然としました。

あきらかに女子と多浪生に厳しいことがわかります。

よく堂々と公表していますね。ある意味、感心します。

隠す(公表しない大学)よりましですか。

 

これはあかんでしょ。どんな理由をつけてもダメ。

 

将来の日本を支える人たちを翻弄しておいて、大学としてどう対処するのか。

また、文部科学省は東京医科大に対してどういう指導をするのか。注目していきます。