bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

練習用小型ギターアンプのスピーカーを交換してみました。Fender champion600 JENSENスピーカー

 

使っていなかったギターアンプ Fender champion600のスピーカーをJENSENのスピーカーに交換してみました。

f:id:bluesoyaji:20190210201006j:image

結果は、高音がよく出るようになり、音がきらびやかになった印象があります。

私はストラトキャスターの音が好みなので、交換した結果に満足しています。

音の好みは人それぞれ違うので、あくまで参考までに。

 

楽器の修理や改造の知識も経験もありません。

全くの初心者の私ですが、ただ、ネットには多くの参考例があり、今回は簡単にできそうだったので、挑戦してみようと思ったのです。

ところが、これが後で困ることに・・・

 

f:id:bluesoyaji:20190210201042j:image

ネジを外し、引っ張っても、裏のカバーが外れません。

あちこち押したり引っ張ったりしてもダメ、ネットでも情報を探しても解決法は見当たらず、どうしようと思いました。出だしでつまずくなんて。

やけくそになってカバーを思いっきり引っ張ると、ベリッと音がしてはがれました。

本体とくっついていたようです。

f:id:bluesoyaji:20190210201059j:image

ホッとして、次は回路部を引き出す。

おや、ネジを外したのに出てこない。途中で引っかかる。

回路基板と真空管がついているので、手荒なことはできない。どうしようか。

しばらく考えて、また力ずくで引っ張ってみると、やっと外れました。

中をのぞくと本体部にアルミが貼られており、それが引っかかって破れている。

仕方ないなと思い直して、次の作業へ。

f:id:bluesoyaji:20190210201245j:image

Fender純正のスピーカーを外し、JENSENを装着する作業。

このとき、スピーカーケーブルにプラスとマイナスがあり、よくわからないまま反対をつけてしまったので、直します。これでいいはず。

回路基板を戻し、裏のカバーを取り付け、完成。

ストラトをつないで音出しの確認をすると、全く音が出ていない。

ああやっぱり、シロウトがやってはいけないんだ、プロに任さないとダメなんだ

とがっかりしました。

でもあきらめきれずに、またネジを外し、回路基板を引き抜き、スピーカーケーブルをきつめにつなぎ直してみました。

f:id:bluesoyaji:20190210201313j:image

そしてギターをつないで音が出た時は、拍子抜け。

 

なんや、簡単やん。

ちょっと接触が悪かっただけ。

これならシロウトでもできる、と我ながら勝手な感想を持ちました。