bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

化石採集の服装 ワークマン発熱ベストを使ってみました


徳島で化石採集したときに、ワークマンのヒーターベストを使ってみました。

f:id:bluesoyaji:20200112124958j:image
f:id:bluesoyaji:20200112125003j:image

f:id:bluesoyaji:20200112125242j:image
f:id:bluesoyaji:20200112125238j:image
f:id:bluesoyaji:20200112124859j:image

 


外気温は車の温度計で9℃、採集した場所は川沿いの木陰なので、実際は2、3℃低かったでしょう。

ベストの下は、パタゴニアのベースレイヤー(キャプリーンのマーズの物)、ミズノのブレスサーモのジップアップシャツ、パタゴニアのレギュレーターシリーズのフリース(薄手)

上着に中綿入りのパイロットジャケット(仏軍もの)

f:id:bluesoyaji:20200112124737j:image

下はワークマン の長靴とエアロストレッチカーゴパンツ

f:id:bluesoyaji:20200112125348j:image


作業時間は1時間弱、雨風なし、急な斜面を登ったり、藪こぎすることもなく、たまに石をハンマーで割る程度の運動量でした。

 


感想は、十分暖かくて、むしろ暑いくらいでした。

これなら上着なしでも大丈夫です。撥水加工もあり。

 


右胸にある温度調節ボタンを押して、低温にしました。

中年の私にはこのボタンが、ウルトラマンのカラータイマーを連想させます。点滅はしませんが、ちょっと恥ずかしいような気に。

 

f:id:bluesoyaji:20200112124703j:image
弱点は、バッテリーが思ったほどは長く持たなかったこと。

バッテリーは、USB接続ではないので、予備のバッテリーがないと、長時間の使用にはやや不安があります。

私は、WindCore空調ウエア用のバッテリーを持っているので、それを予備にすることができます。

f:id:bluesoyaji:20200112124902j:image


サイズが3Lとビッグサイズで、重ね着には十分でした。

ワークマンのヒーターベストは人気があるようで、販売初日に買いに行くと、黒色はこの3Lしか残っていませんでした。

屋外での仕事や軽作業にもおすすめです。