bluesoyaji’s blog

大学入試問題の分析、国語の勉強方法、受験勉強、化石採集、鉱物採集、文学、読書、音楽などについて書いています。少しでも高校生や受験生のみなさん、シニア世代で定年後の趣味をお探しのみなさんのお役に立てばうれしいです。

ドアスタビライザー を自作してみたら、古い車の乗り味が好転しました

ドアスタビライザーというものを取り付けると、乗り心地がよくなるという記事が目に留まりました。

 


Amazonで検索すると、TRDドアスタビライザー 汎用2個セット という商品が見つかりました。

 

 


ドアとボディの隙間に、スペーサーを入れて隙間を埋めることで、ボディの剛性を高める

ハンドル操作に対する車両の応答がクイックになる

という効果が期待できるようです。

 


残念ながら、私の古いスバル車は適合しないと書かれてありました。

 


ドアスタビライザーという語で検索すると、自作している人のレポートがありました。

 


簡単にできると書かれていたので、その記事を参考にして自作してみました。まずは材料をそろえます。

f:id:bluesoyaji:20200301185007j:image

必要なもの

ゴムシート 5mm×30mm×300mm

スコッチ超強力両面テープ プレミアゴールドスーパー多用途粗面

 


あればよいもの

シンワ測定ポケットノギス

KUREパーツクリーナー

 

 

 

 

KURE パーツクリーナー

KURE パーツクリーナー

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

すべてAmazonで注文しました。

 


作業手順

 


ドアストライカーの大きさを測り、形状を確認しておきます。

f:id:bluesoyaji:20200301185045j:image


ドア側の、ストライカーが収まる受け口付近の大きさ、形状を調べます。

f:id:bluesoyaji:20200301185057j:image

 


ストライカーに粘土状のものをくっつけて、ドアを開閉し、粘土の厚さをノギスで測定すると、7.2mmありました。

これがストライカーとドアの隙間の広さとなります。

f:id:bluesoyaji:20200301185222p:image


この隙間をゴムシートでふさぎ、ドアとボディの一体感を高めることで、剛性がでるのではと予想しました。

 


作業は簡単です。

およそ3cm×5cmの大きさにゴムシートを切ります。厚さ5mmのゴムシートは、ふつうのはさみで切れました。

 

f:id:bluesoyaji:20200301185328j:image
ドア一つにつき2個、4枚ドア分で8個作りました。

このゴムのスペーサーに両面テープを貼ります。テープは1.1mmの厚さがあると書かれていました。

ということは、5mmと1.1mmで6.1mmの厚さになります。

 

 ドアのストライカーの受け口の上下に、ゴムシートを両面テープで張り付けます。

 

f:id:bluesoyaji:20200301185405j:image
アルコールシートで貼る面をきれいに拭いておきました。

本当は、パーツクリーナーできれいにするつもりでしたが、届いていなかったので、代用しました。

 


ドアがちゃんと閉まるかを確かめながら、貼っていきます。

貼る作業時間は、4枚のドアで10分程度。

f:id:bluesoyaji:20200301185428j:image


ノギスで測っておいた隙間が、7.2mmだったので、隙間が埋まらないのではないかと心配しましたが、ゴム面がスタビライザーの面に当たっているようなので、これで良しとしました。

 


感想

 


毎日、市街地の1車線の道を通勤で片道5km程度走っています。

はじめは、正直なところ、変わりないのではと思いました。

しかし、1週間ほど乗っていると、装着後は、ボディ剛性が上がっているなと感じています。

 


元から乗り味が固い車なので、路面からの突き上げが大きかったのですが、車の挙動の収まりがよくなったようです。

 


たとえるなら、車が固い箱になって、箱で動く感じです。ボディのねじれが少なくなったせいでしょうか。

 


高速道路で長距離を走ってみると、さらに効果がわかるのでしょう。

 


次回、徳島に化石採集に行ったときに確認できると思います。

ちょっとしたことで、自分の車への愛着が湧いてきました。もっと乗り続けよう。

 


以上の感想や印象は、あくまで車に素人の私が、15年乗っているスバルレガシィ(BP5)で行ったものです。

車種や車の状態、使用期間、走行環境によって大きく違いがあることなので、あくまで参考程度にしていただければと思います。