bluesoyaji’s blog

大学入試問題の分析、国語の勉強方法、受験勉強、化石採集、鉱物採集、文学、読書、音楽などについて書いています。少しでも高校生や受験生のみなさん、シニア世代で定年後の趣味をお探しのみなさんのお役に立てばうれしいです。

家でできる趣味生活 化石クリーニングに挑戦した結果、何これ?という物体が出てきた

前回の続きです。

 

www.bluesoyaji.com

 

乾燥でひび割れがした母岩の化石をクリーニングし出すと、見事に割れてしまいました。

およそ1億年前の白亜紀の化石が、割れてしまった!

すごくショックです。

ボンドで接着して母岩を復活させます。

ここまでが前回の記事で紹介した内容です。

 

割れたパーツを組み合わせます。

 

f:id:bluesoyaji:20200421132537j:image
f:id:bluesoyaji:20200421132529j:image

f:id:bluesoyaji:20200421132546j:image
f:id:bluesoyaji:20200421132532j:image
f:id:bluesoyaji:20200421132519j:image
f:id:bluesoyaji:20200421132550j:image
f:id:bluesoyaji:20200421132523j:image

立体的なジグソーパズルのようです。やったことないけど。

 

なかなか手間がかかりました。

 

母岩が復元できました。

 

f:id:bluesoyaji:20200421135320j:image

ここで疑問が。

 

この化石、どんな形をしているのか?

 

ひらがなの「つ」文字のようでもあり、「る」文字のようでもある。

 

どこに、どのように、つながっているのか、考え込んでしまいます。

 

ネットで調べてみると、似たようなアンモナイトが「アナハムリナ」

異常巻きと呼ばれるアンモナイトです。

 

産地が同じなので、これかもしれません。

 

でもこの化石にはアンモナイトの肋が見当たらない…

 

ためつすがめつしてみると、ヘビのとぐろのよう。

 

f:id:bluesoyaji:20200421132711j:image
f:id:bluesoyaji:20200421135538j:image
f:id:bluesoyaji:20200421132703j:image

 

 

 

ちょっと不気味に思って、クリーニングを中断して、小分けのビーニール袋に入れて保管しました。

 

クリーニングの技術が向上するまで、しばらく封印します。