bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

「毒になる親」スーザン・フォワード 講談社+α文庫を読んで考えた

 

 

 親に対して複雑な感情を抱いた時、どう自分の心を扱えばよいのかわからなくなってしまうことがあります。


そんな時のアドバイスとして役に立つのではないかと思った本を紹介します。

 

「毒になる親」スーザン・フォワード 講談社+α文庫です。

 

「毒になる親」とは、著者によると、「世の中には、子供に対するネガティブな行動パターンを執拗に継続し、それが子供の人生を支配するようになってしまう親がたくさんいる。子供に害悪を及ぼす親とは、そういう親のことをいう。」とあります。

 

あなたの親が毒親か、判断のヒントとしてあげられているのは、

1 あなたの親は、あなたの人間としての価値を否定するようなことを言ったり、ひどい言葉であなたを侮辱したり、ののしったりしたか。あなたを始終批判してばかりいたか。

2 あなたの親は、あなたを叱る時に体罰を加えたか。あなたはベルトやヘアブラシそのほかのものでぶたれたか。

3 あなたの親は、しょっちゅう酒に酔っていたり、薬物を使用したりしていたか。あなたはその光景を見て、頭が混乱したり、嫌な気がしたり、怖くなったり、傷ついたり、恥ずかしいことだと感じたことがあるか。

4 あなたの親は、いつも精神状態が不安定だったり、体が不調で、そのためにいつもひどくふさぎ込んでいたり、あなたをいつもひとりぼっちにして放っていたか。

5 あなたの親はいろいろな問題を抱えており、そのためにあなたは彼(彼女)の世話をしなければならなかったか。

6 あなたの親は、あなたに対して何か秘密を守らなくてはならないようなことをしたことがあるか。あなたに対して何らかの性的な行為をしたことがあるか。

7 あなたは親を怖がっていることが多かったか。

8 あなたは親に対して腹を立ててもかまわなかったか。それとも、親に対してそういう感情を表現することは怖くてできなかったか。

 

これらの要素がいくつか当てはまり、 どうも自分の親は「毒になる親」らしいという人は、どんな影響を受けるのでしょうか。

「一人の人間として存在していることへの自信が傷つけられており、自己破壊的な傾向を示す」ということである。そして、彼らはほとんど全員といっていいくらい、いずれも自分に価値を見いだすことが困難で、人から本当に愛される自信がなく、そして何をしても自分は不十分であるように感じているのである。

 

 自己肯定感が低くて、幸福感や充足感を感じることが少ない、自己破滅型の人生を送る可能性があります。

 

自分の人生は自分の力でいくらでも切り開くことができるというのが、私たちが受けてきた教育の基本です。「生きる力」を育むのが目標です。

しかし、毒親に育てられると、その「生きる力」は身につかないようです。

 

では具体的にどうすればいいのかは、この本を読んで学んでほしいと思います。

は、いつの日か自分の家が幸せな家庭になってくれたらという幻想を、今ここに捨てる。私は、もし親がああではなかったら、もしこうだったなら、などという希望や願望を、今ここに捨てる。私は、子供の時に親を変えるために何かできたのではないかという幻想を、今ここに捨てる。私は、愛情ある素晴らしい親を持つ事は永久にないであろうということを、今ここにはっきりと自覚する。私は、そのような親を持てなかったことを、深く悲しむ。だが私は、この現実をそのまま受け入れる。そして私は、すべての幻想には永遠に、そして心静かに、別れを告げる。

 

 

「毒になる親」とはショッキングな表現ですが、現実に毒親に苦しんでいる子供はたくさんいるでしょう。

私もそうですが、さらに、私の子供にとって、私自身が「毒親」になっていないかを点検する視点も必要だと思います。