bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

徳島県神山町 次郎鉱山跡探訪 帰りにタヌキがついてきていた 

 

徳島県神山町の次郎鉱山跡を訪れた時の写真が出てきました。

5年前の3月末に、母と息子と3人で山歩きに行った時のものです。

 

神山町の中心部から野間谷方面へ車で林道を上っていきます。

分岐点で、車を停めて歩きます。林道は山仕事以外の車が入らないように柵がされています。

f:id:bluesoyaji:20180204174632j:plain

かなりの高度まで上ってきています。

 

斑レイ岩の露頭です。

f:id:bluesoyaji:20180204174914j:plain

 

鉱物の粒が大きく、独特な感じがします。

 

f:id:bluesoyaji:20180204172651j:plain

 

林道は途中で舗装がなくなります。

 

大きな岩が崩れてきている箇所があり、危険です。

落石に注意しながら進みます。

f:id:bluesoyaji:20180204174719j:plain

 

かなり歩いて次郎鉱山跡に着きました。

 

中央の木の根元に抗口が開いています。

 

林道に置いたリュックサックから5,6メートルの高さでしょうか。

崖が急で足元が不安定なので、登りませんでした。

 

抗口の大きさは1メートルくらいでしょうか。手掘りだそうです。

 

鉱山というと大きな工場のようなイメージがありますが、ここは規模が小さいので、ひっそりとした穴という感じです。

 

林道に茶色に変色した鉱石がいくつか落ちています。

割ってみると、石の黒い地肌に金色の黄鉄鉱や黄銅鉱が星のように光ってきれいです。

 

f:id:bluesoyaji:20180204174536j:plain

 

石垣の所には、神山温泉で使う湯のための取水口がありました。

鉱山跡から取るので、いろんな成分が含まれているはずです。

f:id:bluesoyaji:20180204174410j:plain

林道のそばに、山桜が咲いています。

f:id:bluesoyaji:20180204174406j:plain

椿の花が目を引きました。

 

だいぶ歩いて帰ってくると、一番後ろを歩いていた息子が呼び止めて、「タヌキがついてきている」と言います。

 

振り返ると、二匹のタヌキがいました。

あわててスマホのカメラを向けます。

タヌキに気づかれてしまい、林道脇に逃げ込む姿が少しだけ撮れました。

 

動画から切り取ってみました。

動画にはもっと鮮明に写っています。

息子は歩いていて後ろから何か声のようなものが聞こえるので、振り返ってみたらタヌキだったそうです。しばらくの間ついてきていたようです。

 

二匹いたので、つがいかもしれないねといいながら帰りました。

f:id:bluesoyaji:20180204183157j:plain

 

なにかタヌキにだまされたような気持ちになりました。

 

徳島といえば、金長タヌキが有名です。こちらを参考にどうぞ。

金長たぬき - 小松島市観光サイト「小松島ナビ」

ジブリにも『平成狸合戦ぽんぽこ』があります。

f:id:bluesoyaji:20180204175035j:plain

今回の山歩きは、この「徳島県 地学のガイド」コロナ社を参考にしました。

この本で紹介されているポイントに山歩きに行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 センター試験 国語 評論を解いてみたら、難しくありませんでした

 

2018年 センター試験 国語 第1問 評論は難しくなかった その傾向を分析しました

 

評論の出典は 『デザインド・リアリティー集合的達成の心理学』有元典文・岡部大介

国語の問題は http://nyushi.nikkei.co.jp/center/18/1/exam/3910.pdf

 

本文の要旨をまとめました。 番号は各段落(形式段落)の番号です。

1 「後でテストする」
2 整理してノートを取る、用語を繰り返し唱えるー暗記に向けた聴き方へ
           |
    学習や教育の場のデザイン
3 講義ー語りの部分だけでも多様な捉え方が可能
        ↓
  世界は多義的でその意味と価値はたくさんの解釈に開かれている
4 「後でテストする」は授業の持つ多様性をしぼり込む→記憶すべき一連の知識として設定
5 デザインとはーある目的を持って意匠・考案・立案すること
         |
      意図的に形づくること、その構造  
         ↓
  ひとのふるまいと世界のあらわれについて
6 私たちーデザインという概念をどう捉えようとしているのか
7 デザインの語源は印を刻むことー自分たちが生きやすいように自然環境に印を刻み込み、自然を少しづつ文明に近づけた
       |
  今ある現実に「人間が手を加えること」
8 環境の改変ー人間の何よりの特徴
  デザインーまわりの世界を「人工物化」することーアーティフィシャル
9 今ある秩序を変化させるーことなる意味や価値を与える
  例ー本にページ番号をふる→任意の位置にアクセス可能
    ・一日の時の流れを二四分割すること
    ・地名をつけて地図を作り番地をふること
     ↓
 こうした工夫によって現実は人工物化され、これまでと異なった秩序として知覚されるようになる 
10 今とは異なるデザインー現実の別のバージョンを知覚
   あるモノ、コトに手を加え、新たに人工物化し直すこと=デザインすることで、世界の意味は違って見える  
例ー湯飲み茶碗に持ち手をつけると珈琲カップになる
      ↓
   モノから見て取れるモノの扱い方の可能性=アフォーダンスの変化 
11 モノは、たたずまいの中に、モノ自身の扱い方の情報を含んでいる
  鉛筆ー「つまむ」 バットー「にぎる」
12 モノの物理的形状の変化は、ひとのふるまいの変化につながる
13 ふるまいの変化はこころの変化につながる
   たくさんのカップー可搬性の変化ー知覚可能な現実そのものが変化
14 デザインー「対象に異なる秩序を与えること」
   物理的な変化、アフォーダンスの変化、ふるまいの変化、こころの変化、現実の変化
  例ーはき物をデザインー自然の摂理が創り上げた運命を簡単な工夫が乗り越えてしまう
15 私たちの住まう現実ー文化的意味と価値に満ちた世界
              |
    文化や人工物の利用可能性や文化的実践によって変化する自分たちの身の丈に合わせてあつらえたオーダーメイドな環境
人間が「デザインした現実」を知覚し、生きてきた
16 デザインによって変化した行為を「行為(こういダッシュ)」と呼ぶ
  例ー本の読みかけの箇所を探す時
    素朴な探し出し「記憶」→ページ番号に助けられた「記憶(きおくダッシュ)」活動
17 人間になまの現実はなく、すべて自分たちで作ったと考えれば、すべての人間の行為は人工物とセットになった「行為(こういダッシュ)」だといえる
18 人間ー環境を徹底的にデザインし続け「環境(かんきょうダッシュ)」を生きている
心理学への批判ー「記憶(きおくダッシュ)」を人間本来の「記憶」と定めた無自覚さ
19 人間の現実をデザインするという特質ー本質的、基本的な条件
        ↓
   人間性ー社会文化と不可分のセットで成り立つ
        ↓
   「原心理」は想定できず、文化歴史的条件と不可分の一体である「心理学」として再記述される(べき)
        |
   「文化心理学」ー人間を文化と深く入り交じった集合体の一部であると捉える

 

 *「記憶(きおくダッシュ)」以下の(~ダッシュ)は、「ダッシュ記号」が表示できなかったため、記入しています。

 

問題文の分析をしました。設問の分析は予備校や塾などのものを参考にしてください。

 

例としてあげられた項目が受験生にとって身近なものなので、内容が理解しやすい。
・授業内容のテスト
・本にページ番号をふる
・湯飲み茶碗に持ち手をつけると珈琲カップになる
・鉛筆、バット
・ビーチサンダル
・(自転車、電話、電子メール)
・台所ブーツ
・買い物の暗算、百マス計算、そろばん、表計算ソフト

8、15、16段落の要旨が重要。

「行為(こういダッシュ)」という考えを理解し、心理学が批判されている理由をつかむ   

長文なので、本文に目印を付けたり(線を引く)、メモをとったりすることが必要。ただし、時間がかかる

アフォーダンスという概念は初めて聞く者が多かったのでは。

引用の人名は「ヴィゴツキー」一人だけなので、知らない名前からくる不安も小さい。
(やたらとロラン・バルト、レヴィストロース、フーコーが云々と引用されても困ります)

新傾向の設問(問3)は容易、大学入学共通テストに向けての変化でしょう。
それから考えると、今後、求められる国語力、知力は、哲学的、抽象的な論理の世界を読み解く力ではなく、ある程度の量の情報の意味を理解する力といえるのではないでしょうか。

 

「デザインすることで、世界の意味は違って見える」という知は、受験生にとって、おもしろい(示唆的)ものだったでしょう。 

 

国公立大学の文系学部廃止の流れに対して、この評論は、広義で「文化」を重視し、文系を援護したものと読めるのですが。そうであるなら、出題者(大学入試センター)の良識?がうかがえる問題文であったといえます。

 

センター試験としてはあと2回で終わりなので、今後もぜひ良問を期待します。

 

高校国語教師が解いて考えた。大学入学共通テスト試行問題。記述編

 

センター試験に変わって行われる大学入学共通テストの試行問題が公表されました。
大学入試センターのホームページにあります。入手して解いてみました。

問題へのリンク

http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00011239.pdf&n=5-01_問題冊子_国語.pdf

解答へのリンク

http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00011249.pdf&n=01_国語.pdf

 

注目されるのが記述式の設問です。大問が5問あるうちの第1問が記述式となっています。その他は従来のセンター試験と同じマーク式(選択式)です。

第1問を解いてみました。
以前発表された記述式の例題が、賃貸駐車場の契約書という、なんとも高校生、受験生の興味、関心を無視した残念な内容でした。ブログにそれへの批判も書いておきました。

 

 

www.bluesoyaji.com

  2問目が駐車場の契約書問題です

 

今回は、そういった批判に考慮したのか、高校での部活動に関する生徒会での話し合いという内容です。
高校生に近寄せてきましたね。
近づけすぎで今後ネタに困るのではと心配になるほどです。
それはさておき、内容は、生徒会部活動規約を読ませ、資料1~3を踏まえて設問に答えるというものです。

f:id:bluesoyaji:20171223171625j:image

f:id:bluesoyaji:20171223171637j:image

f:id:bluesoyaji:20171223171651j:image

f:id:bluesoyaji:20171223171702j:image

f:id:bluesoyaji:20171223171713j:image

f:id:bluesoyaji:20171223171726j:image

f:id:bluesoyaji:20171223171736j:image
資料1は「部活動に関する生徒会への主な要望」という表です。読み取りは簡単。


資料2は「市内5校の部活動の終了時間」という表。これも簡単。


資料3は「青高生の主張」と題する高校新聞。円グラフと記事があり、読み取りに少し時間がかかります。

 

さて、問1 「当該年度に部を新設するために必要な、申請時の条件と手続き」を五十字以内で書け(趣意)。


これは規約から必要部分を抜き出し、指定字数内でまとめる。簡単です。
「同好会として三年以上の活動、四月第2週まで、所定の様式、生徒会部活動委員会」
これらの要素を盛り込むこと。普通に読解力があれば誰でもできます。心配ない。

 

次に第2問。本文のやりとりの中で空欄があり、それに当てはまる言葉を二十五字以内で答えるというものです。「言葉」となっているのが気になりました。一般的には「語句」が適切だと思うのですが。
まあ気にせず続けます。


兼部についての要望を答えるのですが、これも問1と同様に、生徒会部活動規約から読み取ります。「これまで認められてこなかった」というのがポイントで、体育部同士、文化部同士の兼部を認めてほしいと答えます。
これも易しいですね。普通に読解すればできます。

 

さて第3問。これが最長です。八十字以上百二十字以内で書けとあります。
しかも条件設定が細かい。


二文構成。
一文目は「確かに」という書き出し指定。具体的根拠を二点挙げ、時間延長に対する基本的な立場を示すこと、とあります。


二文目は、「しかし」という書き出し指定。終了時間の延長という提案がどう判断される可能性があるかを具体的な根拠と併せて示すこととあります。
そして「根拠」はすべて資料1~3によることと限定しています。


つまり、勝手に根拠を設定せず、(あなたの考えを自由に述べよではなく)あくまで資料の解釈に基づく記述を要求しています。

これらの条件をいちいち確認して3種類の資料から該当部分を見つけ出し、指定字数に納めるのは結構時間がかかりました。


模範解答と見比べてみると、要素の見落としがありました。


問1、問2と比較すると、やや手間がかかります。
「正答の条件」も細かいです。採点に時間がかかるのではないでしょうか。大丈夫ですか?
私ならこんなに条件の多い採点基準のある問題は作りません。採点が大変だから。


まあ、採点にブレが出ないようにということでしょう。

まとめると、本文(生徒同士のやりとり)、資料1~3の読み取りは簡単。設問は問1、問2は簡単。問3がやや手間がかかるということです。

最後に、「検討中」とある「作問のねらい~」という文章が添付されていて、それを読んで気になった点を書いておきます。


「大学入試共通テストにおいて問いたい『思考力・判断力・表現力』」という項目のうち、

「考えを解答する問題」④テクストの精査・解釈を踏まえて発展させた自分の考えを解答する問題(自由記述式/小論文)
テクストに書かれていること(構造や内容)を把握した上で、テクスト全体から精査・解釈し、それを踏まえながら発展的に自分の考えを形成することができる

 とあるのですが、今回の試行テスト記述問題では、自分の考えを求められる設問はありませんでした。


今後、本試験に向けてこの項目はどうするのか、大変気になりました。

 

ブログ報告 PVが10000を超えました

ブログのPVが10000を超えました。

ありがとうございます。

 f:id:bluesoyaji:20171204170206p:image

ただし、丸1年かかっています。

 

おそろしくスローペースですが、私の書いた文章を読んでくれている、そのことがうれしいです。

 

大学入試や教育の話題、生活雑記という地味な内容のブログですが、どこかのどなたかのお役に立てたらいいと思って、書き続けます。

これからもよろしくお願いいたします。

才能の見つけ方 天才の育て方 アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ  石角友愛 を読んで、日本の教育の現状について考えました。

 

 

才能の見つけ方 天才の育て方 アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ 石角友愛

子どもの才能を見つけ、伸ばす方法はどんなものがあるのかということが、気になっていて、見つけたのがこの本です。

30年ほど高校教育に携わっていて、自分自身も3人の子どもを育て中です。

その間、学校生活になじめない生徒を何人も見てきました。

原因や理由は人それぞれ。原因不明のこともよくあります。

 

高校生のみなさんは、自分もそんな傾向があると思っている人もいるかもしれません。

そこで、なんか学校がしっくりこない、なじめないという人の参考にこの本を紹介します。

 

一気に読了したので、考えたことなどを書いておきます。

 

「ギフテッド」という言葉が出て来ます。引用すると、

ギフテッドの定義とは?

誰にそうしろと言われたわけでも、期待されたわけでもなく、内から自然 に、生まれつき湧き出る能力をギフテッドと言うのです。

 ギフテッドとは、才能を生まれつき持ち合わせている天才のことです。

特別な人のことのように思えますが、アメリカの公立校の7%の生徒がこれに当てはまるそうです。潜在的にはもっと多いでしょう。

 

アメリカは「ギフテッド」を探し、その才能を伸ばすことに熱心に取り組んでいます。

一方、日本の教育現場ではどうでしょうか。

 

公立学校では、まずアメリカのような考えや仕組みはないでしょう。

 

以下、本書の前半から気になった箇所を引用します。

 

誰もが自分の子どもに、自分を愛し、感情を上手くコントロールし、他者への 共感を示し、知的好奇心を強く持ち、逆境にもへこたれない強い精神力を持つ人に育ってほしいと願っていると思います。どのようにしたら、その芽を発見し、つぶさずに育てていけるのか、それを考えるきっかけにしていただければと思います。

15歳で膵臓がんの検知方法を開発した少年

ギフテッドの多くに見られる特徴の一つに、「インテンスである」ということが挙げられます。インテンスとは、強烈、極端、激しい、などと訳されますが、ジャックの8000種類ものたんぱく質への熱意は、まさしくインテンス以外の 何ものでもないと思います。

 

 

古今東西あらゆるジャンルで出現する天才

なんでも医学校時代の鷗外は、ドイツ語の授業で、ドイツ語を全て中国語に 翻訳して縦書きでノートを取っていたということです。

 

ギフテッド・チルドレンを発掘する取り組み

ギフテッド発掘率が100%のミシシッピー州やアーカンソー州では、発掘されたギフテッド・チルドレンの約40~45%が貧困層に属する子どもだったというデータもあります。

 

ギフテッド・チルドレンに共通する特徴

また、学校の成績に関していえば、オールAを取る子も多い一方、普通の教室形式での授業に退屈してしまう子も多く、テストを受けるスキル( 穴埋め テスト、単語暗記など)を持ち合わせていないこともあり、必ずしも成績にギフテッドネスが反映される訳ではないのも事実なのです。

IQが高い子の脳はどこが違うのか

IQが高い子どもの前頭前皮質の方がより可塑性と変動性を持っているということです。また、成熟するのが遅いということは、それだけ複雑なレベルの 認知回路を脳に構築するチャンスが多く与えられているのではないか、と言われています。

 

才能は平等だけれども、機会は平等ではない

文科省が発表した文部科学白書によると、親の年収が1000万円以上の家庭の子どもの4年制大学進学率は60%を超えるのに対し、400万円以下の家庭の場合、進学率は30%ほどにとどまるというデータがあります。

子どものポテンシャルを受け入れられない親もいる

ですから、第一に、親がギフテッドの存在を認識している必要があり、子ども が一日の様々なシチュエーションで見せるギフテッドの片鱗を見抜く洞察力 がないといけません。

彼女のように、優秀なプログラムに招待されても、経済上の理由などで通えない、親が認めないなどのケースは非常に多いのが実情です。

貧困層の子どもは、自己効力感が弱い?

望ましい成果を出すために必要な行動をどれだけ自分が取ることができる かについての判断能力を指します。自尊心は自己全体に対する恒常的な評価であり、自己効力感は、ある具体的なシチュエーションや課題に対する 自分の能力の評価です。

 

森鴎外のエピソードは興味深いですね。

森鴎外と言えば、「舞姫」は、高校の現代文の教科書の定番教材です。おそらく全国数十万人の高校生が、「舞姫」を学習しています。

 

 

さて、本書には才能を見つけて伸ばすアメリカの取り組みが詳しく書かれています。

では日本ではどうでしょうか。

 

 高校(公立)では、なぜ「ギフテッド」を見つけ、伸ばす教育ができないのか?

 

人数がネックです。一クラス40人が標準です。実際は30名以上でクラス編成されているところが多いです。

これを半数の20名程度にすれば、担任や他の教師の目も行き届きます。一人ひとりの生徒と向き合う時間も増えるので、才能に気づく機会も増えるでしょう。

難点は、学校行事などでクラス単位での参加が多いので、半数だと寂しい感じが出るかもしれません。

 

国がお金を教育にかけないので、一度に多くの生徒を一クラスに入れて教える方法をとっています。

全体の底上げや効率、コストを重視すると、今まではこのやり方でまだなんとかやれたのでしょう。

しかし、今後はグローバル化、AI、ロボットの時代。時代の変化に対応できるでしょうか。

たとえば、現在、プログラム教育を取り入れている学校は少ないでしょう。高校でも、パソコン、大きめのディスプレイ、ネット環境、これらを教室で使える所がどれだけあるでしょうか。ほとんどありません。

 

職員室の教師用パソコンですら、ソフトなど自由に使えないのです。

 

せめて、複数クラス分のパソコンまたはタブレットを使えるようにしてほしいですね。

教育面でのネット環境は、完全にお隣の韓国に負けています。

 

財務省は、教師と教育費の削減ばかりを考えないで、今後の日本の人材育成に金をかけることを考えてください。

 

また、もしあなた(あなたのお子さん)が「ギフテッド」なら、教室で「浮く」か「いじめ」のターゲットになってしまう可能性があります。

 

日本の学校は、同調圧力が強いのです。人より変わったところがあるだけで、いじめられます。スクールカーストなど特異な集団形成がなされる環境にあります。

何もトラブルが起こらなければそれはラッキー、何か起こっても不思議ではないのです。

 

教育現場は、現状維持、従来通りの発想で動いています。改革は非常に困難です。

金なし、人なし、自由度なしの学校現場で、何ができるでしょうか?

 

そうなると、学校には期待せず、個人で何とかしようとなります。

塾に行かせる?お金がかかりすぎです。

スタディサプリのような講座を利用して、わからないところは学校の先生に質問する、これがお金が一番かからない勉強方法です。

 

小学生、中学生は、高校生になるまでに、おもしろい(と思える)ことを見つけておきましょう。

必ずしも学校のクラブや勉強でなくてもいいでしょう。

ネットには、YouTubeやSchooのような動画学習の手段がたくさんあります。

また、図書館で好きな本を読みまくるゲームに没頭し、動画サイトに投稿する、なども熱中するという意味ではいいかもしれません。

その中から将来、宮本輝や米津玄師のように才能あふれる人が生まれてくるでしょう。

 

社会(大人)は、貧困家庭の子どもをもっと支援してほしいです。

国、自治体、企業、個人のいずれのレベルでも、もっと生徒(若者)を大事に育てようという気配が感じられるようにしてほしい。

少子化だと国中が騒ぐばかりではだめでしょう。

たとえば、不祥事を起こした企業は、テレビCMを自粛して浮いた宣伝費を貧困家庭の給付奨学金に回す、それだけでイメージアップです。

 

与党も野党も、高校3年生(18歳)は選挙権を持っていることを忘れていませんか?

彼らを引きつける政策なり、希望を持たせる考えなりを打ち出しましょう。

 

話が長くなりました。

才能ある子を見つけ、伸ばす。これは決して一部の人のことではありません。

だれしもかけがえのない力を秘めているはずです。それを現在の教育システムでは生かせていないことが残念です。

 

 

 

 

 

 

「永訣の朝」のリアルな情景が描かれた回想録 賢治の妹が見た賢治の姿

 

宮沢賢治の妹シゲが賢治を描いた回想録を残していたそうです。

本日(2017年12月1日)の読売新聞に記事が出ていました。

 f:id:bluesoyaji:20171201160238j:image

賢治と言えば、「永訣の朝」。

高校の現代文の教科書では定番の教材です。

全国の高校生数十万人が読んでいるはず。

これを授業でやると、生徒は「シュン」としてしまいます。

 

さて、記事を読んで驚いたことがあります。

 

「永訣の朝」で妹トシが危篤状態で、賢治がみぞれをとりに外へ出た時、もう一人の妹シゲが同行し、傘を差しだしていたという記述です。

 

あの松の葉に積もる雨雪を取ってくるシーンがリアルに思い浮かんできます。

 

妹トシは、兄賢治に、「最期に妹のためにいいことをしてあげられた」という思いを残すため、雨雪を取ってきてと頼みます。

このあたりは、現代っ子の高校生の心にも触れるようです。

 

トシが「今度は自分のことばかりで苦しまないように生まれてれてくる」と言うと、父親が、賢治らに「法華経のお題目を唱えて助けてあげなさい」と言ったという記述があるそうです。

 

父と賢治は、信仰の違いを巡って対立していたのはよく知られている話です。賢治とトシは熱心な法華経の信者でした。

 

詩の結びは、賢治の祈りです。

どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ

 

 

実際には、父のこんな言葉があったのかと思うと、より宗教的な気持ちを想像させられました。

 

 

モンベル メリノウール Vネックシャツとタイツを購入しました 学校のあまりの寒さに耐えられず

みなさんは学校の教室の寒さをどうやってしのいでいますか?

座布団、ひざ掛けは必需品ですね。

マフラー、ネックウォーマー、手袋、ヒートテックのアンダーウェア、腹巻き、

それに使い捨てカイロ。

高校生は防寒グッズが必要です。

 

エアコン完備で、今の時期ガンガン暖房を入れてくれる学校は別として、普通の公立の高校は、寒いです。

 

教室の気温が何度以下になれば、ストーブが入る。

12月から暖房を入れる。

こういった決まりごとがあって、寒いから暖房を入れてくれるという臨機応変の対応をする学校は少ないでしょう。

 

オフィス勤務の方には想像できないほど、厳しい環境で生徒は勉強しています。夏も同様です。

 

私も学校のあまりの寒さに我慢できず、ヒートテックのタイツを2枚重ねて履き、レッグウォーマーをその上からする有様です。

 

上はヒートテックの極暖を着て授業をすると、汗をかいて不快感がたまりません。

 

解決策はないかと調べてみました。

 

するとウールのアンダーウェアがおすすめとの意見を見つけました。

山用です。

 

それならモンベル!

早速ネットで注文しました。

 

メリノウール Vネックシャツ 5040円

メリノウール タイツ 5349円

 

f:id:bluesoyaji:20171130205922j:image

f:id:bluesoyaji:20171130205946j:image

パッケージのみの写真です

 

ユニクロと比べるとかなり割高ですが、アウトドアブランドの中では、手頃な価格です。

 

今日で着用して3日ですが、とても快適です。

ヒートテックなら毎日着替えて洗濯しますが、これは着続けています。

 

1週間くらいなら、洗濯なしでいけそうです。

そうなると、むしろ経済的かもしれません。

 

ヒートテック特有の化学薬品のような匂いもなく、着心地もよい。

 

普段の生活に、このモンベルのアンダーウェアはおすすめです。

 

 

真冬並みの寒さ対策に、車用シートヒーターを購入し、使ってみました。Amazonベーシック ホットカーシート 12V 黒 二段階温度切り替えコントローラー付き 座席ヒートクッション シートヒーター

 

シートヒーターを購入し、使ってみました。

この数日の寒さが耐えられなくて、通勤の自動車内での冷えを防ぐために購入しました。

Amazonで探すと、

Amazonベーシック ホットカーシート 12V 黒 二段階温度切り替えコントローラー付き 座席ヒートクッション シートヒーター

が見つかりました。

http://amzn.to/2jh5dTD

 

値段も手頃なので、即注文し、翌日には配達されました。

早速、取り付けてみます。

 

f:id:bluesoyaji:20171123165023j:image 

広げてみるとこんな感じです。

 

ゴムバンドに金属のフックを取り付けていると、バンドが外れてしまいました。

「えっ!何これ」

驚いて確かめてみると、縫い付けが不十分だったのか、バンドがシート本体から見事に外れていました。

そんなに強い力で引っ張ってはいません。普通にフックを差し込むためゴムバンドを持っただけなのに。ガッカリ感が…

 f:id:bluesoyaji:20171123165048j:image

気を取り直して、安全ピンで取り付けるという応急処置で済ませます。

 

さすがに送り返してまた待つのも面倒です。

Amazonベーシックというシリーズなので、基本性能は充分と思ったのですが、残念です。

 f:id:bluesoyaji:20171123165121j:image

さて、取り付けると、結構厚みがあり、シートポジションが変わります。座るとハンドルが少し近くなったように感じました。

 f:id:bluesoyaji:20171123165142j:image

スイッチは強と弱があります。

強にして、走り出すと3分ほどで温かくなってきました。

5分もすれば、かなり温かくなりました。おしりと太ももの裏、背中がぽかぽかして極楽気分です。

「これはいい!」

弱に切り替えても充分に温かいです。

寒い朝は暖房が効き出すまでかなり時間がかかり、その間、車内で震えますが、このシートカバーがあれば、そんな寒さも大丈夫そうです。

 f:id:bluesoyaji:20171123165234j:image

http://amzn.to/2Bedyj8

Te-Rich シガーソケット usb 車載充電器 ソケット 3連 4USBポート

これが便利です。ドライブレコーダー、トランスミッター、このシートヒーターと3つの電源をとっています。

 

取り付けバンドがすぐに外れたというアクシデントがありましたが、この温かさはそれを忘れてしまうほど気持ちいいです。

耐久性能は今後の使用を経て、判断します。

 

 

大阪府南部の和泉層群へ化石採集に行ってきました

 

 

先週の日曜日、晴れましたが気温が低く、風も強い中、大阪府南部の和泉層群に化石を探しに行きました。

 

和泉層群とは、大阪南部の和泉山脈から、淡路島南部、徳島県の鳴門、讃岐山脈、愛媛県の松山付近まで分布する白亜紀後期の地層です。

アンモナイトや貝の化石が出ます。

 

以前に鳴門に化石を探しに行きましたが、全く何も見つけることができませんでした。

 

今回は、同じ和泉層群ということで、ぜひ化石を見つけようと出かけました。


阪神高速湾岸線は、横風が強く、車が横に流されます。


オートクルーズを使いながら走っても、怖く感じて、たびたびブレーキを踏んで解除しました。


1時間半で到着。


現地は大きな池で、車が入れないように柵がしてあります。

 

今回は、車にマウンテンバイクを積んできました。

駐車場から採集地まで距離があるので、自転車で行こうという魂胆です。

 

柵の横を自転車を持ち上げて通り、池の周回路に入ります。

 f:id:bluesoyaji:20171121211342j:image

人影はまばら。
池の周囲を反時計回りで進んでいくと、自転車では上れない傾斜のきつい登り道になり、そこからは押して登りました。

 

泥岩の露頭が所々ありますが、崩れ落ちた石を見ても何も見つかりません。


登り切ったところで三叉路になっており、そこにも泥岩の露頭がありました。

f:id:bluesoyaji:20171121210510j:image

しばらく観察していると、男性が通りかかかったので、化石が出るところを尋ねると、この道の奥だと教えてくれました。

 f:id:bluesoyaji:20171121210828j:image

草に覆われた山道を少し下ると、山の斜面に小さな泥岩がズリのように積もっているところに出ました。
斜面に落ちている握り拳より大きい石を見て歩くが何も見つかりません。

f:id:bluesoyaji:20171121222730j:image
斜面の上部は崖を掘り崩したように少しえぐられており、そこまで登ると、誰かが置いたのか、貝の化石が入った石を二個見つけました。


気分をよくして辺りを探しても何も見つけることができません。

しばらく探して、一つだけ割った石から何かの化石が出てきました。

割った拍子に母岩から外れました。

 

f:id:bluesoyaji:20171121211110j:image


来た道を引き返し、途中で小さな流れの河原に下りて泥岩を探します。

欠片のような物を一個見つけただけでした。

f:id:bluesoyaji:20171121211152j:image
風が強く、冬のような寒さで、池の周囲の公園も日曜にしては人出が少なく、何となくわびしい感じがしました。


残念だったのは、不法投棄のゴミがそのまま放置されていること。せっかくの景観にそぐわないように思います。

撤去に費用がかかるでしょうが、利用者のことを考えると、当然ない方がよいです。

f:id:bluesoyaji:20171121211229j:image
早めに切り上げ、2時過ぎには帰宅しました。

 

ワークマンのFind-Outシリーズのウェアを試してみました

 

ワークマンのFind-Outというスポーツやトレーニング用のウェアを購入しました。

 

クロスシールドブルゾン、クロスシールドパンツ。

どちらも1900円です。

 

今回は、ブルゾンを着用し、自転車で河川敷を走行しました。

 f:id:bluesoyaji:20171118121503j:image

日曜日の16時過ぎ、気温14度。北風2m、片道5キロメートルを往復。

 

ブルゾンの下には、ユニクロのドライEXウルトラストレッチジャケット1990円、GUのサイドシームレスクルーネックT長袖990円を着用しました。

f:id:bluesoyaji:20171118121535j:image

f:id:bluesoyaji:20171118121614j:image

ボトムは厚手のリーバイス501にヒートテックのタイツ。

 

所要時間は50分程度。下りは追い風で楽でしたが、上りは向かい風で寒かったです。

 

このブルゾンは胴の部分が中綿入り、袖の部分はジャージ生地で、防風にはなっていません。そのため、走っているうちに体が冷えてきました。

 

この気温下では、ウインドブレーカーを上から着る必要がありました。動きやすさには問題はありません。アウターではなく、中間着として使うのがおすすめです。

 

スポーツブランドや、アウトドアブランドのウェアは、機能的にもデザインも優れています。

しかし、ワークマンのFind-Outラインのウェアは、安価であり、圧倒的なコストパフォーマンスの高さが魅力です。

 

山歩きを始めてから、アウトドアブランドのウェアを買いそろえましたが、あまり着ていないものがたくさんあります。ブランドイメージ先行で買ってしまったからかもしれません。

ウェアも持っているだけでなく、着てこそ価値があるものですから、ブランドだからという理由で買う習慣を見直そうと思います。

安くても実用的なものに魅力を感じる方にワークマンのFind-Outシリーズはおすすめです。