bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

奇跡のスマホ

奇跡のスマホ
*今回の記事は、饒舌で長文です。お時間のあるときにどうぞお読みください。

スマホを駐車場で落とし、それに気づかないで車で轢いてしまいました。

帰宅後、スマホがないことに気づき、あちこち探しても見つからず、きっと職場の机の下に落としてきたのだと思い、職場へリターンしました。
いつも机の下に自分の荷物をおいており、スマホもそのバッグの中に入れています。一度スマホをバッグから出し入れしたときに落としたのだと予想しました。

職場の玄関前に停車し、緊張しながら部屋に入ります。

「あれ、ないやん」
この瞬間、嫌な予感がしました。
駐車場までの道をたどり、車を停めていた辺りの真っ暗の地面を探すと、四角い物体が。
「あった、よかった」と思ったのも束の間、手に取ると、全面がひび割れた無惨な姿が。電源も入らない、たぶん死んでいる。

f:id:bluesoyaji:20200119140520j:image

f:id:bluesoyaji:20200119140531j:image

写真ではわかりにくいが、全面ヒビ割れ

f:id:bluesoyaji:20200119140546j:image

f:id:bluesoyaji:20200119140604j:image

裏はほぼ無傷

ケースのおかげかも


がっかり気落ちして帰宅。家族に話すと、siriが英語で反応する。これにはびっくりしました。

「死んでると思ったら、しゃべるやん」
電源が入るか何度も確かめたがだめで、何とも憂鬱な気分がこみ上げてきました。


毎日チェックするTwitterやブログも見れない、メルカリに出品中の購入連絡があるかも、メールは、YouTubeは、スマートニュースは、米津玄師さんのライブのトレードは、ああ、全部できない。
しばらく気力がわかず、ブルーな気分が増してくる。ブルースがやってきた。プチ鬱状態。
ふてくされて就寝しました。

 

翌朝、キャリアの○○○○○○ショップに行くと、修理の程度はわからないのでアップルで確認せよ、契約者本人でないので、本体の支払いがどの程度残っているか教えられない、機種変更したいなら委任状を持参せよと言って渡された。


「なんや、どうにもならへんやん」まあ仕方がないのでしょうが、キャリアのショップは、あてにならないなあというのが感想です。

パソコンで検索して、結局、アップルのサポートに直接電話しました。これは固定電話を残しているからできること。スマホは使えません。

アップルもネットから連絡しようとすると、確認コードを壊れたスマホに送ってくるという対応に泣きました。


やっとサポートにつながり、状況を説明して、即日修理ができるところを紹介していただきました。

心斎橋アップルストアで夜の時間帯の一枠のみ対応可能というので、予約する。


数年ぶりに心斎橋まで出向くと、そこは喧噪の街。外国人と若者が大勢闊歩する、家にこもりがちの私には非常に緊張を強いられる場所でした。


アップルストアの中は、おしゃれな若者と外国人であふれかえっています。ようやく空席を見つけてほっとすると、お隣は韓国の若者。その向こうは中国からのお客。ストアの店員さんは、英語で応対しています。ここは外国か、と感嘆のつっこみを心の中でつぶやく。


日本は少子化、高齢化で、この先衰退するという言説をネットでよく見かけるが、心斎橋のこの様子を見ると、まだまだ大丈夫、若者いっぱいおるやんと思いました。地方は違うでしょうが。

1時間早く着いたので、読書で時間つぶしをする。
スタッフに声をかけられ、修理の相談をします。電源が入っているので、本体はおそらく大丈夫、データも大丈夫、液晶の交換だけですむかもしれません、と大変丁寧に、かつ、フレンドリーに説明してくれました。


アップルのスタッフの対応はすばらしい、感動しました。アップルのファンでよかった、ジョブズ、ありがとう。


サポートの電話の応対からアップルストアのスタッフの応対まで、本当に丁寧だし、安心だし、申し分ない程良い。これからもずっとiPhone で行こうと思いました。


2時間ほど外で時間をつぶして、きれいに修理されたiPhoneを受け取り、修理代は、3千円台ですみました。これはアップルケアに入っていたため、安くすんだようです。

 

帰宅後、スマホを見ると、メルカリに出品中の商品購入の連絡が来ていました。

 

スマホが使えなかったのは、結局一日だけでしたが、自分がどれだけスマホに依存しているかがよくわかりました。便利で、ありがたいのですが、逆に、できるだけデジタルデドックスをしていこうとも考えました。

 

家族と話す時間、本を読む時間、ギターを練習する時間、筋トレする時間、部屋の片づけをする時間。これらを奪っているのは、スマホを見ている時間です。生活の中で大事にするものを改めて意識した今回の騒動でした。

 

駐車場がアスファルトやコンクリートの固い地面ではなく、ジャリが撒かれた土の地面だったのも、iPhoneのダメージが少なかった原因でしょう。
しかし、重いBPレガシィに踏まれながらも、全損することなく、液晶の交換だけですんだこのiPhoneを奇跡のスマホと呼び、大事に使っていきたいと思います。

BPレガシィのタイヤをグッドイヤーのオールシーズンタイヤに交換してみた

 

f:id:bluesoyaji:20200115000858j:image

グッドイヤー vector4seasons hybrid

ごつめの溝が効きそう


ピレリのチンチュラートからvector4seasons hybridに履き替えました。

ロードノイズが少し大きくなったのと、道路の段差へのあたりが柔らかくなったのが第一印象です。

f:id:bluesoyaji:20200115000927j:image

以前のピレリ チンチュラート

性能に文句なしでした


ところが、上勝町に遊びに行ったとき、同乗していた家族が車酔いしてしまいました。

月ケ谷温泉に着くと、少し気分が悪いと訴えるのです。

そういえば、運転してきた自分も、胃のあたりに不快感がします。軽い車酔いです。

カーブの多い道が続いたのが原因か?

いや、これまで何度も来ているが、こんな不調になったことはない、など考えると、原因は、タイヤ交換のせいかもしれません。

乗り心地がフワフワして、横揺れ、縦揺れが気になります。

帰りは、速度を落として、ロールしないように気をつけて運転しました。

 

ネットで検索すると、タイヤの空気圧を高くするのが効果的という情報がありました。

ガソリンスタンドで給油のついでに、空気圧を2.6にしてもらいました。標準より0.3高くなりました。

少しゴツゴツと路面からの突き上げを感じます。しばらく、なじむまで高目の空気圧でいきます。

 

四駆のレガシィにオールシーズンタイヤを履かせたら最強だと思って交換したのですが、乗り心地が変わることまで予測できませんでした。

今後、乗り心地対策をしっかりとやっていきます。

上勝町に遊びに行ってきました

f:id:bluesoyaji:20200113152320j:image
正月休みに徳島に帰省し、久しぶりに上勝町に行ってきました。

上勝町は、「ゼロ・ウェイスト運動」ゴミをゼロにする取り組みで有名な町です。

徳島市内から車で1時間少々かかります。

 


いつも立ち寄る「いっきゅう茶屋」は、お休み。月ケ谷温泉で昼食を取り、遊歩道で散歩しました。

f:id:bluesoyaji:20200113150309j:image

月ケ谷温泉
f:id:bluesoyaji:20200113150316j:image

ヤマメのお寿司

 

吊り橋があり、80代半ばの母が、一人でスタスタ渡っていきます。橋の下を見ると、かなりの高さがあり、恐怖心が出てきて足がすくんでしまいました。

f:id:bluesoyaji:20200113152453j:image
f:id:bluesoyaji:20200113152450j:image

f:id:bluesoyaji:20200113152529j:image

河原で化石を探してみましたが、ありませんでした。

 

温泉の近くの素敵なカフェに寄ると、四国放送が取材中でした。

f:id:bluesoyaji:20200113151155j:image
f:id:bluesoyaji:20200113151152j:image

混雑していなかったので、ゆっくりとお茶を楽しめました。

ここにくると、都会の時間の流れとは全く違う感覚を取り戻せます。山の緑を眺めながら飲むコーヒーは最高。わざわざ山奥まで来る価値あり。

f:id:bluesoyaji:20200113151227j:image

f:id:bluesoyaji:20200113151252j:image

帰りはダム湖の右岸の狭い道をたどっていると、途中で「この先通り抜けできません」との表示があり、ダム湖の真ん中を渡っている橋を通って、広い道に戻りました。

その先に化石が出るポイントがあったのですが、残念です。

 

帰り道、木をふんだんに使ったおしゃれな建造物が目に入り、何かと思ったら、建設中のゴミステーションでした。

完成すればホテルも付属する複合施設になるそうです。さすが上勝町。完成すれば、ぜひ見学に来てみたい。

f:id:bluesoyaji:20200113151527j:image
f:id:bluesoyaji:20200113151535j:image
f:id:bluesoyaji:20200113151531j:image

化石採集の服装 ワークマン発熱ベストを使ってみました


徳島で化石採集したときに、ワークマンのヒーターベストを使ってみました。

f:id:bluesoyaji:20200112124958j:image
f:id:bluesoyaji:20200112125003j:image

f:id:bluesoyaji:20200112125242j:image
f:id:bluesoyaji:20200112125238j:image
f:id:bluesoyaji:20200112124859j:image

 


外気温は車の温度計で9℃、採集した場所は川沿いの木陰なので、実際は2、3℃低かったでしょう。

ベストの下は、パタゴニアのベースレイヤー(キャプリーンのマーズの物)、ミズノのブレスサーモのジップアップシャツ、パタゴニアのレギュレーターシリーズのフリース(薄手)

上着に中綿入りのパイロットジャケット(仏軍もの)

f:id:bluesoyaji:20200112124737j:image

下はワークマン の長靴とエアロストレッチカーゴパンツ

f:id:bluesoyaji:20200112125348j:image


作業時間は1時間弱、雨風なし、急な斜面を登ったり、藪こぎすることもなく、たまに石をハンマーで割る程度の運動量でした。

 


感想は、十分暖かくて、むしろ暑いくらいでした。

これなら上着なしでも大丈夫です。撥水加工もあり。

 


右胸にある温度調節ボタンを押して、低温にしました。

中年の私にはこのボタンが、ウルトラマンのカラータイマーを連想させます。点滅はしませんが、ちょっと恥ずかしいような気に。

 

f:id:bluesoyaji:20200112124703j:image
弱点は、バッテリーが思ったほどは長く持たなかったこと。

バッテリーは、USB接続ではないので、予備のバッテリーがないと、長時間の使用にはやや不安があります。

私は、WindCore空調ウエア用のバッテリーを持っているので、それを予備にすることができます。

f:id:bluesoyaji:20200112124902j:image


サイズが3Lとビッグサイズで、重ね着には十分でした。

ワークマンのヒーターベストは人気があるようで、販売初日に買いに行くと、黒色はこの3Lしか残っていませんでした。

屋外での仕事や軽作業にもおすすめです。

徳島で化石採集をしてきました 道具の紹介あり

徳島に帰省した時に、化石採集に行ってきました。

f:id:bluesoyaji:20200111232837j:image

前回来たときに目星をつけておいたポイントに降りていくと、割られた泥岩が散乱していて、明らかに先行者が来ていたようです。

f:id:bluesoyaji:20200111232901j:image


今回は現地に到着したのが遅めの時間だったので、1時間弱しか活動できませんでした。

f:id:bluesoyaji:20200111232944j:image

泥岩を割っても何も出てきません。しばらく割り続けていると、ようやく二枚貝らしい物と、不明物体を見つけました。でも、探していたアンモナイトは、痕跡すらなし。

f:id:bluesoyaji:20200111233048j:image

2cmほどの貝殻の破片
f:id:bluesoyaji:20200111233056j:image

割った後に気づいた表面の不明物体
f:id:bluesoyaji:20200111233100j:image

二枚貝の化石?
f:id:bluesoyaji:20200111233053j:image

ころんと取れました


がむしゃらに探すのではなく、化石が出るポイントをもっと研究しないと見つけられないなと反省しました。

 


今回の採集に使った道具です。

柄の長いハンマー Amazonで購入

f:id:bluesoyaji:20200111234302j:image

これならどんな硬い岩でも割れると思ったのですが、意外と泥岩は硬くて割れません。思うようには活躍せず、残念。

長く、重いので機動性にも難あり。

f:id:bluesoyaji:20200111233418j:image

割れなかった泥岩

何か化石が入っているのは間違いないが、

このハンマーでも歯が立たなかった

この冬買ってよかった物 モンベル クリマエアライニングジャケット

この冬買ってよかった物を紹介します

 

モンベル クリマエアライニングジャケット 色はブラックオリーブ

f:id:bluesoyaji:20200102120109j:image

よかった点は、軽いこと(平均428グラム)、裏地付きで着やすいこと、蒸れないことです。

まず軽さが秀逸です。同時にパタゴニアのフリースジャケットも購入しましたが、これに比べると重すぎて負担を感じます。

 

また、裏地があることで、セーターやパーカーの上からさっと羽織れます。防風性もあるそうです。

f:id:bluesoyaji:20200102120128j:image

そして一番よかったのは、蒸れないこと。通気性が抜群です。表面が格子状になっています。

f:id:bluesoyaji:20200102120149j:image

いままでいろいろなブランドのフリースを着てきましたが、どれも少し動けば蒸れて暑くなる点が気になっていました。これは急に蒸れるということがありません。

ただ、普段の着用での印象なので、登山などの激しい動きでは試していません。

 

難点(?)は、モンベルにしては値が張ること。他のフリースが5000円くらいからある中で、13000円(税別)です。

しかし、お値段以上の価値は十分あると思います。

あまりに着やすいので、この冬は毎日これを着ています。

 

「失われた時を求めて」を読破したい 中年おやじの願いを叶えるためには

プルーストの「失われた時を求めて」は、二〇世紀を代表する傑作として名高い小説です。

死ぬまでにはぜひ読了したいと長年思ってきました。

現在手に入りやすい翻訳は3種類あります。

そこでどの訳が読みやすいかをくらべてみました。

 

 

ちくま文庫 井上究一郎訳は、残念ながら筑摩書房のホームページでは在庫なしになっていました。古書では購入できます。

今回の検討からは除きました。

 

1 高遠弘美訳 光文社古典新訳文庫f:id:bluesoyaji:20191210181000j:image

https://amzn.to/2RA1S4T

 

2 鈴木道彦訳 集英社文庫

f:id:bluesoyaji:20191210181024j:image

https://amzn.to/36qRwsx

 

3 吉川一義訳 岩波文庫

f:id:bluesoyaji:20191210181111j:image

https://amzn.to/2LC4DyL

 

三者の訳文の違いが、読み続けていくことに影響すると考えます。

翻訳された作品を日本語としてみた場合、どれが自分に合っているかを検証しました。

 

検証方法は、冒頭5ページ分を読んで、どれがすんなりと頭に入ってきたかを判定するというもの。

これは、立命館アジア太平洋大学の学長をされている出口治朗先生の著書「本物の教養」に書かれている方法です。

出口先生は、冒頭の5~10ページを読んで、おもしろくないものは読まないそうです。

希代の読書家として知られる出口先生のやり方をまねさせていただきました。

 

使用したテキストは、

1の光文社版 2010年9月20日 初版第1刷発行

2の集英社版 2002年12月18日 第1刷 (ただし、抄訳版です。元の1巻が自宅内で行方不明のため)

3の岩波版2012年4月16日 第6刷発行

 

本文の一部を引用させていただきます。夢の描写の一部で、とくに色気のある部分で比較してみます。イメージしやすいからです。

 

1光文社古典新訳文庫
 高遠弘美訳

自分がまさに味わおうとしていた快楽から生まれた女なのに、私は快楽を与えてくれるのはまさにその女しかいないと考えてしまう。私の体は女の体を通して私自身の感応のほてりを感じ、女の体とひとつになろうとして、目が覚める。

 

2集英社文庫

 鈴木道彦訳

自分があわや味わおうとしていた快楽によって形成された女なのに、彼女の方こそ快楽を提供してくれるのだと、私は想像していた。私の肉体は彼女の肉体のうちに自分自身の体温を感じて、それにぴったり合わさろうとする。そして私は目覚めるのだった。

 

 

3岩波文庫 

 吉川一義訳

いまにも味わおうとする快楽からつくり出された女なのに、その女が私に快感を与えてくれていると想いこむ始末である。身体のほうは、私自身のほてりを女の身体のほてりと感じて、それと一体になろうとするが、そこで目が覚める。

 結論を言うと、私には3の岩波文庫版が一番しっくりきました

腑に落ちる表現というか、頭の中に言葉がすっと入ってくる感じです。

 

2の集英社版は、原文を尊重しているようで、日本語としては、やや固い印象を受けました。

1は、2と3の中間ぐらいかなと思いました。

 

これは、あくまで個人の主観による検証なので、参考にもならないでしょうが、ご容赦ください。

 

冒頭5~10ページで読むか止めるか決めるという方法は、お薦めです。

岩波文庫版全14巻、買わなくっちゃ!

徳島へ化石採集に行って来ました #化石採集 #アンモナイト #白亜紀 #中年からの趣味 #アウトドア

徳島に化石採集に行ってきました。

いつもの白亜紀の地層で採集します。

沢を二筋探しましたが、何も見つかりませんでした。

f:id:bluesoyaji:20191116223558j:image
f:id:bluesoyaji:20191116223602j:image

来た時は晴れていたのに、雨が降りそうになってきました。

川の上流に向かって移動します。

 

以前に植物の化石が採集できたポイントは、採集禁止の看板が立てられていました。

 

この近くの山で、珍しい恐竜の化石が発見され、博物館も調査に乗り出しているので、化石を探しに来る人が増えたのかもしれません。

あきらめて引き返します。


恐竜の化石は、プロの研究者にお任せをして、私はアンモナイトの化石を探します。

 


道沿いの露頭に目を配りながら、道端に落ちている小さな石を見てみます。

何個見ても、全く化石を見つけることができませんでした。

 


以前に川床まで降りて石を探したポイントに再び行ってみました。

f:id:bluesoyaji:20191116223733j:image


すると川岸に泥岩の露頭を発見しました。割りやすいサイズの泥岩がいくらでも転がっていました。

f:id:bluesoyaji:20191116223819j:image


楕円形の泥岩を何個も割っていくと、小さな貝の化石が出てきました。

気をよくしてあたりをよく見回してみると、出そうな石が沢山あります。

f:id:bluesoyaji:20191116223858j:image

でも、もう帰る時間になってしまいました。

今度は、ここをじっくりと探索しようと思い、切り上げました。

f:id:bluesoyaji:20191116223946j:image

f:id:bluesoyaji:20191116225130p:image

f:id:bluesoyaji:20191116225201p:image

f:id:bluesoyaji:20191116225233p:image

f:id:bluesoyaji:20191116225255p:image

f:id:bluesoyaji:20191116225316p:image

 

古いギターアンプ、Roland blues cube30を修理してみました。#定年後の趣味

アンプ修理

f:id:bluesoyaji:20191110172758j:image

Rolandのギターアンプ、ブルースキューブ30を自分で修理しました。

10年ほど前に中古で購入したもので、軽音楽部で生徒に使わせていました。

 


7 、8年の間、いろいろな人が使っていたので、ジャックの差し口に不具合が生じて、ジャックを挿すときに、大きな異音がするようになっていました。

f:id:bluesoyaji:20191110172838j:image


まずはアンプ部を取り外します。

f:id:bluesoyaji:20191110172932j:image

スピーカーケーブルを外し、ノブを全て外します。

f:id:bluesoyaji:20191110172904j:image

回路を見てみると、ジャック口のハンダ付けが1カ所外れており、これが異音の発生原因のようです。

 


ハンダ付けを行います。

f:id:bluesoyaji:20191110173017j:image

後は埃を拭き取り、ネジを締め直し、元に戻しました。

f:id:bluesoyaji:20191110173052j:image


スピーカーケーブルを差し込むときに、緑色のケーブルが外れており、どこに繋いだら良いのか分かりませんでした。

f:id:bluesoyaji:20191110173128j:image

スピーカーは12インチ1発
f:id:bluesoyaji:20191110173125j:image

どなたかご存知の方がいれば、教えてください。よろしくお願いします。

感電の恐れがあるので、注意して作業をしました。

f:id:bluesoyaji:20191110173208j:image

アンプ修理の作業をする方は、よく調べて事故のないようにやってください。

電気回路の知識は皆無なので、今後勉強したいと思います。

f:id:bluesoyaji:20191110173314j:image

これが回路 真空管アンプではありません
f:id:bluesoyaji:20191110173307j:image

作業はこいつが活躍します。

BOSCH電動ドライバー

緊急事態発生 大学入試の混乱に思うこと

本日11月1日、来年度の英語外部試験の大学入試への利用が見送られました。

ニュースでも話題になっています。

数日前に文科大臣の身の丈発言があり、混乱に拍車がかかりました。

読売新聞に政府内からも延期論が出ていると報じられたので、これは流れが変わってくるなと思っていたところでした。

今まで翻弄された高校生、その保護者は、ほっとされた方が多いのではないでしょうか。

 

当然、高校は大混乱です。

勤め先も今日一日は、この話題と今後の対応についてもちきりです。

 

さて、受験生の立場で考えてみると、とりあえず来年度に、英語外部試験を受ける必要はなくなりました。

いつ、どこで、どの試験を受けるのか、悩まなくて済むのは助かります。

当然、高い検定料も必要ありません。入試科目の勉強に専念できます。

今の高校3年生も、万が一、浪人することになっても、外部試験は必要なくなったので、面倒な共通IDの発行手続きをしなくて済みます。

 

文科大臣の声明には令和6年度、2024年度の入試から始めるとありました。現在の中学1年生のみなさんが高校3年生になる時です。

私は、それまでには、英語民間試験の利用そのものが中止になると思います。それほどこの仕組みは問題が多過ぎなのです。

来年度は、現行のセンター試験が廃止され、共通テストに移行します。

これも、国語と数学に一部、記述問題が導入されます。

採点の体制や精度に不備が多いと指摘されているので、今後、見直しや延期が出てくるかもしれません。

いずれにしても、国が勝手に決めて、あとは民間に丸投げ、手間は高校生と高校に負わせる、こんな教育政策でよいのでしょうか?

社会の要請だ、変化への対応だと言いながら、現状は劣化の道を歩んでいるように思えます。

私が子供の頃描いた未来は、もうちょっとましな世の中になっているはずでした。

なんだか歳を重ねるほど、希望が失われ、矛盾や混乱が増え、格差が広がる時代になった感が強いです。

高校生のみなさんは、どんな実感を持っているのでしょうか。