bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

VALUE BOOKSで不要な本を買い取ってもらいました

 

「ノマド的節約術」というホームページをよく拝見しています。

節約やお金の使い方に関する情報が満載で、大変役に立ちます。

 

私の部屋の中が本であふれかえっています。

読みたい本がどこにあるのかわからなくなり、今まで読んだ本は断捨離をしようと思いました。

不要になった書物の処分方法を考えて、ノマド的節約術を参考にしてみました。

 

記事の中で、本の買い取りサイトを紹介するものがあり、その中のVALUE BOOKSに 決めました。

理由は、査定後即振込の「ソクフリ」という方法が選べたからです。

査定を待って、その後振り込みをしてもらうのは、場合によってはかなり日数がかかります。

早く結果を知りたい、支払いを早くしてほしいという方には、「ソクフリ」は便利です。

今回、私はこの「ソクフリ」を選びました。

 

段ボールに本を詰め込み、VALUE BOOKSのホームページから申し込むと、自宅まで取りに来てくれます。送料は無料でした。送り状も用意しなくていいです。

これらの点が便利だなと思いました。

 f:id:bluesoyaji:20170917111213j:image

詳しい手順は、ノマド的節約術をぜひ参考にしてください。

 

さて、発送後、二日でメールが来て買い取り価格がわかりました。

今回は、文学書を中心に、単行本と文庫本が半々で55冊送りました。そのうち値がついたのは40冊。合計2600円ほどでした。

まずまずの額です。

 

ヤフオクで1冊ずつ売れば、もっと高い値がついたかもしれませんが、手間がかかります。

今回は、申し込み、発送、査定後の振り込み、この3点が簡単で手間いらずだったことで満足しました。

みなさんも、読んで不要になった本があるでしょう。どこかの人が、その本を読みたく思っているかもしれません。

 

わずかの手間で、断捨離ができ部屋が片づいて、誰かの役に立つ。しかも、いくらかのお金になる。いいことずくめですね。本の処分にお困りなら一度挑戦してみてはいかがですか。

 

 

 

nomad-saving.com