bluesoyaji’s blog

読書、化石採集、大学入試問題の分析、国語の勉強方法、文学、音楽、学び方などを書いています。少しでも高校生や受験生のみなさんの役に立てばうれしいです。

アンモナイトをクリーニングしてみました #アンモナイト #白亜紀 #化石 #徳島県 #化石採集 

 

初めて採集したアンモナイトの大きさがわかるように、クリーニングをしてみました。

f:id:bluesoyaji:20190420162937j:image

アンモナイトの周囲の石を削り落とし、化石本体が見やすいようにする作業です。

 

私は全くのシロウトなので、化石の本やネットの情報を見てやり方をまねてみました。

f:id:bluesoyaji:20190420163036j:image

f:id:bluesoyaji:20190420163346j:image

 

黙々と石を削る。息を潜める作業です。

2時間くらいかかったでしょうか、正座していた足がしびれて限界に達したので、止めました。

f:id:bluesoyaji:20190420163105j:image

大きさがわかりやすくなり、メジャーで測ってみると、10cm前後あります。

化石の産状がわかるように、本体を削り出すことをせずに、母岩についたまま残しました。

 

次はこのアンモくん(雄?雌?)の名前と生きた時代を調べてみました。

ちなみにアンモナイトの雄と雌については、国立科学博物館のHPに次のように書いてありました。

 

アンモナイトの殻には、マクロコンクとミクロコンクといわれる二型が知られています。両者の殻の形は成長を通じてよく似ていますが、ミクロコンクはマクロコンクに比べて成殻のサイズが小さく、殻口部に突起を持つものもあります。産出する場所や時代が同じであることから、これらは同じ種類の雌雄と考えられています。一般に大きい方(マクロコンク)が雌、小さい方(ミクロコンク)が雄と考えられていますが、明確な根拠はないようです。

 

画像を探すと、これがよく似ていました。

f:id:bluesoyaji:20190420163200j:image

出典は、「和歌山に恐竜がいたころ 白亜紀前期の化石大集合」和歌山県立自然博物館です。

 

中生代白亜紀バレミアンという時代で、およそ1億3千万年前です。

 

「シュードハプロセラス・ジャポニカム」長くて難しい名前です。

覚えられないので、ハプロちゃんと呼ぶことにします。

 

このハプロちゃんとは1億3千万年ぶりに対面したことになります。気の遠くなるような出会いに頭がくらくらします。

この時間感覚に触れることが、化石採集の魅力かもしれません。